相続・遺言.com

天満橋司法書士・行政書士事務所【大阪市】運営
~相続・遺言、遺産分割、事業承継専門サイト~

相談無料!お気軽にご相談ください。

相談事例

事例詳細のご紹介

〔遺産分割〕遺産分割において相続人の中に未成年者がいる場合

夫が亡くなり、相続人は妻の私と2人の子供だけで、相続財産である夫名義の自宅不動産を私の名義にする内容の遺産分割協議書の作成と併せて相続登記手続きを依頼したい。

ご主人様が亡くなられ、相続人は奥様とお子様2人で、自宅不動産の相続登記のご依頼。お電話でお話を伺ったところ、単純な相続登記と思い込んでいましたが、当事務所にお越し頂き、詳しくお話を伺ったところ、お子様のうち、お一人が未成年であることが判明しました。

 未成年者が法律行為を行うには、親権者の同意が必要となりますが、この場合、親権者である母親自身も遺産分割の当事者であり、未成年の子と利益が対立する母親に同意権を行使させることは適切ではないため、家庭裁判所に対し、子のために特別代理人を選任するよう申立て、選任された特別代理人が、母親に代わって遺産分割協議を行う事になります。

 上述のとおり、ご依頼者であるお母様にご説明申し上げたところ、すぐにご理解いただき、具体的な手続についてご説明いたしました。通常、家庭裁判所に対して、特別代理人の選任を申立てる際には、予め候補者を立てて申立てをします。一般的には、ご親族にお願いすることが多く、本件のようなケースでは、利害関係人であるお母様と近しいご親族よりは、亡くなられたご主人様のお身内の方が適切かと思い、その旨お伝えしたところ、亡くなられたご主人様の妹様にお願いされることになり、妹様も快くお引き受け頂き、家庭裁判所も妹様を特別代理人として選任していただきました。

 後日、遺産分割協議書に特別代理人である、被相続人の妹様に署名捺印頂き、家庭裁判所の審判書と妹様の印鑑証明書を添えて、無事登記手続を済ませることが出来ました。

事例一覧に戻る

無料相談のご予約

大阪府大阪市中央区石町1-1-1
天満橋千代田ビル2号館7階

06-6966-6161 受付時間:平日9:00~17:00

ご予約はこちら

ページ上部へ移動

天満橋司法書士・行政書士事務所【大阪市】

大阪府大阪市中央区石町1丁目1-1
天満橋千代田ビル2号館7階

相続・遺言無料相談受付中(平日9:00~17:00)TEL:06-6966-6161 FAX:06-6966-6162

メールでの無料相談

Copyright © 2011 天満橋司法書士・行政書士事務所【大阪市】.All Rights Reserved.