相続・遺言.com

天満橋司法書士・行政書士事務所【大阪市】運営
~相続・遺言、遺産分割、事業承継専門サイト~

相談無料!お気軽にご相談ください。

相談事例

事例詳細のご紹介

〔その他の相続〕異母兄弟がいる場合

生涯独身だった弟が亡くなり、相続人は姉の私だけで、相続財産の名義変更をしたいが,どうすればいいのでようか?

 お弟様が亡くなられ、相続財産は、判明しているだけで、自宅不動産と預貯金及び投資信託があり、これらについて相続による名義変更の手続に関するご相談を受け、相続関係について聞き取りをしたところ、亡くなられた弟様は、生涯独身で、両親も既に亡くなっておられ、兄弟は、ご依頼者であるお姉様のみとのことでした。
 相続手続における報酬算定基準についてご説明申し上げ、聞き取りをした相続財産及び相続関係に基づいて、費用の概算をお伝えした上で、正式にご依頼を頂き、相続調査にかかりました。

 まず、相続人を確定させるために、被相続人である弟様の出生から死亡までのすべての除籍謄本及び原戸籍謄本を収集し、さらにご両親についても出生から死亡までの除籍謄本及び原戸籍謄本を収集します。
 お父様の除籍に転籍の記載があり、従前の本籍地に除籍謄本を請求し、返送されてきた除籍謄本を見て焦りました。お父様は再婚をなされておられ、前妻との間にお子様が3人もいらっしゃったのです。

 どのように切り出すべきか迷いながらも、とりあえず、ご依頼者に事実をお伝えしたところ、いともあっさり「ええ。もちろん知っていましたよ。でも、父の葬式にも来てませんし、お会いしたこともありませんから、何の関係もありませんよ。」とのこと。
 もちろん、関係ないはずがなく、法律上は立派な相続人であること、さらに当初お伝えした費用の概算では納まらないことをご説明申し上げたところ、納得がいかないご様子でしたが、何とか理解していただくことが出来ました。

 さて、どうしたものかと思いつつも、ご依頼者には、異母兄弟宛に、自筆でご挨拶の書面をしたためていただき、当職が、相続に伴う権利関係及び手続にご協力いただきたい旨のお願いの文書を作成し、併せて郵送したところ、しばらくしてご長男様よりご連絡があり、ご長男様方も、母親より実の父親のことや異母兄弟がいることを聞いており、常々気にかけていたの事で、相続手続について快くご協力頂ける旨のお約束下さいました。

 ご依頼者様からは、相続財産いついては詳しく説明しないでほしい旨の要望がありましたが、当然そのようなことは出来ない旨ご説明し、ご長男様には、相続の現状等を詳細にご説明したうえ、借金等の負債がある可能性はほとんどないことから、相続放棄ではなく、一切の相続財産について、ご依頼者が相続する旨の遺産分割協議書に署名していただくことになりました。

 後日、日程を調整し、菓子折りを持参したご依頼者と一緒にご長男様のご自宅に伺い、ご長男様の他、異母兄弟お2人にもお越しいただき、皆様より、署名及びご実印を頂き、無事、相続手続を済ませることが出来ました。

 ところで、相続手続において、相続人は様々な書面に署名捺印しなければなりません。たとえ法律上有効な遺産分割協議書に、すべての相続財産の権利帰属について記載していても、ほとんどの金融機関では、自作の遺産分割協議書を採用してくれず、各金融機関で用意した相続手続申込書に署名捺印しなければなりません。しかも、同じ金融機関でも、預貯金用、投資信託用、貸金庫用とそれぞれについて相続手続申込書が用意されている場合もあり、ひとつの相続で2、30通もの書面に相続人全員が署名押印しなければならないケースもあります。

 日本人は印鑑を押すことを、ことさら重要視しており、それが実印の場合にはなおさらの事で、最初に遺産分割協議書に署名捺印をもらって、次に別の書類、さらに追加でこの書面にも…、となれば、最初は協力的な相続人も、非協力的になることが少なくありません。
 ですから、我々が、相続手続に関与するときは、相続人から押印をいただけるのは一度きりと心得、徹底的に相続財産を調査し、各金融機関等には押印書類について念には念を押して確認をしたうえで、相続人より各書面に署名捺印をいただきにあがります。

 実は、本件でも、相続手続の申し込みを行った後で、ある金融機関の担当者より、通帳がなければ、通帳紛失届に相続人全員の署名捺印が必要であるとの連絡がありました。担当者には、通帳が見当たらない旨もお伝えしたうえで、ほかに必要な書面はないかと何度も確認していたのですが、苦情を申し上げても、どうすることも出来ないとの一点張り。やむを得ず、ご依頼者に事情を説明したうえ、異母兄弟のご長男様に連絡していただき、続けて当職から、再度署名押印が必要な旨をご説明申し上げたところ、これも快くご協力していただきました。当初、トラブルを覚悟していただけに、本当に気持ち良く仕事をさせていただきました。

事例一覧に戻る

無料相談のご予約

大阪府大阪市中央区石町1-1-1
天満橋千代田ビル2号館7階

06-6966-6161 受付時間:平日9:00~17:00

ご予約はこちら

ページ上部へ移動

天満橋司法書士・行政書士事務所【大阪市】

大阪府大阪市中央区石町1丁目1-1
天満橋千代田ビル2号館7階

相続・遺言無料相談受付中(平日9:00~17:00)TEL:06-6966-6161 FAX:06-6966-6162

メールでの無料相談

Copyright © 2011 天満橋司法書士・行政書士事務所【大阪市】.All Rights Reserved.