相続・遺言.com

天満橋司法書士・行政書士事務所【大阪市】運営
~相続・遺言、遺産分割、事業承継専門サイト~

相談無料!お気軽にご相談ください。

相談事例

事例詳細のご紹介

〔その他の相続〕相続人の1人が認知症を患っている場合

父が亡くなり,相続人は母と私と妹の3人で,遺産分割をしたいが,母は認知症を患っており,遺産分割をしたいがどうすればいいのでしょうか?

 まず,お母様の認知症の程度にもよりますが,判断能力が不十分な状態であれば,遺産分割協議を行うことはできず,お母様について,家庭裁判所に対して,成年後見人の選任を申立て,お母様の法定代理人である成年後見人を交えて遺産分割協議を行わなければなりません。

 成年後見人の選任の申立てに際しては,成年後見人の候補者を指定することができますので,ご相談者様又は妹様を候補者として申立てることもできますが,仮にご相談者様又は妹様が成年後見人に選任された場合には,遺産分割協議において,成年後見人とお母様との間で利害が衝突することになりますので,その場合には,家庭裁判所に対して特別代理人を選任してもらう必要があります。
 
 また,成年後見人の選任の申立てに際して,成年後見人の候補者を指定しなかった場合は,家庭裁判所が弁護士や司法書士等の専門職を成年後見人に選任しますので,選任された成年後見人との間で,遺産分割協議を行うことになります。

 なお,親族等を成年後見人の候補者として,成年後見人の選任の申立てを行っても,家庭裁判所が,本人の財産状況等を勘案したうえで,専門職を成年後見人に選任する方が適切であると判断し,専門職を成年後見人に選任することもあります。

 ところで,成年後見制度について,皆様がよく勘違いされているのが,成年後見人は,遺産分割協議や不動産の売却など,特定の行為についてだけ選任されるわけではなく,本人が回復又は死亡するまで後見が継続しますので,ご親族様が成年後見人を務められる場合には,その職務が相当長期に及ぶ可能性があることを覚悟しておく必要があります。また,専門職を成年後見人に選任する場合には,成年後見人の職務に対して,報酬を支払わなければなりません。

 そして,もう一つよく勘違いされているのが,成年後見人は本人のためにその職務を行うのであって,ご親族様のためにご親族様に代わって職務を行うわけではありません。ですから,成年後見人と遺産分割協議を行う場合,本人が本来相続すべき法定相続分を下回る遺産分割協議を行うことは,原則としてありません。

 以上のとおり,ご説明申し上げたところ,ご相談者様は,お母様もご高齢で,先もそう長くないであろうということで,今回は,このまま何もせず,お母様が亡くなられた後で,妹様と遺産分割を行うとのことでした。

 今回のように何もしないということも,一つの解決法として決して間違いではないと思います。もちろん,相続手続を先延ばしにすることによるリスクについてもご説明いたしました。

 ただ,気掛かりなのは,お母様が経済的虐待等を受けていないかということですが,ご相談者様との会話を通じて感じたご相談者様の人柄からは,そのような心配は杞憂かと思われますが…。

事例一覧に戻る

無料相談のご予約

大阪府大阪市中央区石町1-1-1
天満橋千代田ビル2号館7階

06-6966-6161 受付時間:平日9:00~17:00

ご予約はこちら

ページ上部へ移動

天満橋司法書士・行政書士事務所【大阪市】

大阪府大阪市中央区石町1丁目1-1
天満橋千代田ビル2号館7階

相続・遺言無料相談受付中(平日9:00~17:00)TEL:06-6966-6161 FAX:06-6966-6162

メールでの無料相談

Copyright © 2011 天満橋司法書士・行政書士事務所【大阪市】.All Rights Reserved.