相続・遺言.com

天満橋司法書士・行政書士事務所【大阪市】運営
~相続・遺言、遺産分割、事業承継専門サイト~

相談無料!お気軽にご相談ください。

相談事例

事例詳細のご紹介

〔その他の相続〕相続財産が不明な場合

母が亡くなり,母と同居していた兄が相続財産について教えてくれません。どうすれば相続財産を明らかにすることができますか。

 お父様はすでに他界され,この度はお母様が亡くなられ,相続人は,ご相談者様とお母様と同居されていたお兄様の2人だが,お兄様よりめぼしい相続財産はないと言われただけで,納得ができず,相続財産を明らかにしたとのご相談がありました。

 まず,相続財産のうち不動産については,市町村役場の固定資産税課(大阪市の場合は市税事務所)で「名寄せ帳」又は「課税物件明細書」の写しを入手することで,該当市町村内にあるお母様名義の課税不動産を知ることができますが,あくまでも該当市町村内に限られ,予想外の地にお母様が不動産を所有されてい場合には,見つけることは難しいかもしれません。
 ですが,不動産を処分するには相続人全員の協力が必要ですので,お兄様が秘匿することは考えにくく,同居のお兄様と協力すれば,市町村役場から送られてくる固定資産税の納税通知書からその存在は容易に把握することができると思います。

 問題は,預貯金や株式などの有価証券ですが,特に預貯金については,同居の親族が預金者の死後にキャッシュカードを使って勝手に引き出すといったケースはよくありますので,早急に金融機関に死亡の届出をして預金口座を凍結させる必要があります。お母様が取引をしていた金融機関が分かっていればよいのですが,そうでなければ大手都市銀行やゆうちょ銀行,そしてお母様の生活圏内に支店のある地方銀行や信用金庫等の各窓口で名寄せ調査を行います。そして名寄せ調査の結果,該当預貯金があれば,死亡の届出をして預金口座を凍結させるとともに取引履歴の交付請求を行います。預貯金の取引履歴から,お母様の死亡前後に不自然な出金がないか,又生命保険料の引き落としや証券会社からの振込みがないかを確認することで,他の相続財産の存在を推測することできます。

 そして,もっとも厄介なのが宝石や骨董などの動産や,いわゆるタンス預金などの現金ですが,これらに関しては,お兄様の協力がないかぎり,ハッキリ言って見つけることは困難だと思われます。

事例一覧に戻る

無料相談のご予約

大阪府大阪市中央区石町1-1-1
天満橋千代田ビル2号館7階

06-6966-6161 受付時間:平日9:00~17:00

ご予約はこちら

ページ上部へ移動

天満橋司法書士・行政書士事務所【大阪市】

大阪府大阪市中央区石町1丁目1-1
天満橋千代田ビル2号館7階

相続・遺言無料相談受付中(平日9:00~17:00)TEL:06-6966-6161 FAX:06-6966-6162

メールでの無料相談

Copyright © 2011 天満橋司法書士・行政書士事務所【大阪市】.All Rights Reserved.