相続・遺言.com

天満橋司法書士・行政書士事務所【大阪市】運営
~相続・遺言、遺産分割、事業承継専門サイト~

相談無料!お気軽にご相談ください。

相談事例

事例詳細のご紹介

〔遺産分割〕遺産分割調停がまとまらない場合

お父様が亡くなられ,相続人の1人が遺産分割の話し合いに応じてくれず,家庭裁判所に対して遺産分割調停の申立てを行い,これまで調停期日を重ねてきたが,話し合いは平行線のまままとまりそうになく,このまま調停が不成立に終わった場合はどうなりますか。

 相続人間で遺産分割の協議がまとまらず,家庭裁判所の遺産分割調停も不成立となった場合には,そのまま自動的に遺産分割審判の手続に移行することになります。相続人間の話合いによる解決を目指す遺産分割調停に対して,遺産分割審判は,裁判官が一切の事情を考慮して遺産分割の方法を決定する手続で,民事事件における訴訟手続のようなものです。

 遺産分割調停は相続人間における話合いですので,遺産となる財産の範囲や特別受益や寄与分といった諸事情の一切を含めて話合いの対象とすることができますが,遺産分割審判の場合は,相続人の範囲や遺産となる財産の範囲,或いは被相続人が作成した遺言書の有効性など,遺産分割を行うに際しての前提となる事実関係に争いがある場合には,その問題を解決するために,別途,通常の民事訴訟を提起しなければならない場合もあります。

 預貯金などの債権は,可分債権と言われ,原則として相続開始により当然に相続分に応じて各相続人に分割される取扱ですので,当然には遺産分割審判の対象とはなりません。また,遺産分割審判では,具体的妥当性を重要視した裁量的判断が優先され,相続人間の意図した分割が実件しない可能性があります。例えば,不動産の分割について,相続人の1人が取得して他の相続人には代償金を支払う方法(代償分割)によることを望んでいたとしても,相続人に代償金を支払うだけの十分な資力がない場合には,競売によって換価し代金を分割する方法(換価分割)が命じられる場合もあります。

 遺産分割調停において,調停委員会が提案した調停案を拒否する場合には,これらの遺産分割審判の特徴を十分に検討し理解しておく必要があると思います。

事例一覧に戻る

無料相談のご予約

大阪府大阪市中央区石町1-1-1
天満橋千代田ビル2号館7階

06-6966-6161 受付時間:平日9:00~17:00

ご予約はこちら

ページ上部へ移動

天満橋司法書士・行政書士事務所【大阪市】

大阪府大阪市中央区石町1丁目1-1
天満橋千代田ビル2号館7階

相続・遺言無料相談受付中(平日9:00~17:00)TEL:06-6966-6161 FAX:06-6966-6162

メールでの無料相談

Copyright © 2011 天満橋司法書士・行政書士事務所【大阪市】.All Rights Reserved.