相続・遺言.com

天満橋司法書士・行政書士事務所【大阪市】運営
~相続・遺言、遺産分割、事業承継専門サイト~

相談無料!お気軽にご相談ください。

相談事例

事例詳細のご紹介

〔その他相続〕内縁の夫が相続人なくして死亡した場合

私と主人とは、一緒になって30年になりますが、籍は入れておらず、夫からは身寄りはいないと聞いていますが、戸籍等を確認したことはありません。このまま、夫に何かあった場合は、どうなるのでしょうか?

 いわゆる内縁の妻の相続については、内縁の夫に法定相続人が存在する場合とそうでない場合とで、大きく異なりますので、まず、戸籍等で内縁の夫の相続関係を把握する必要があります。

 そして、内縁の夫に法定相続人が存在する場合には、残念ながら内縁の妻に相続権はありませんので、内縁の夫が死亡した場合、内縁の夫の財産は全て法定相続人が相続することになり、内縁の妻は大変不安定な立場におかれることになります。そのような状況を避けるために、内縁の夫の生前に遺言書を作成してもらうか又は死因贈与契約を締結しておくべきでしょう。

 一方、内縁の夫に法定相続人が存在しない場合には、内縁の夫の財産は法人となり、利害関係人等の請求によって家庭裁判所が選任した相続財産管理人が相続財産を管理することになります。そして、相続財産管理人が相続財産の中から被相続人の債務を弁済した後、残った相続財産は、原則として国庫に帰属、すなわち国のものになってしまいますが、内縁の妻は被相続人と生計を同じくしていた者として、家庭裁判所に対して、相続財産管理人が被相続人の債務を弁済した後の残余財産について、その一部又は全部の分与を請求することができます。

 但し、家庭裁判所に対して、相続財産管理人の選任を申立てるにあたっては、相続財産管理人の報酬に充てる費用として、事案に応じて数十万円から100万円を予納しなければならず、内縁の妻にとって大きな負担になるものと思われますので、内縁の夫に法定相続人が存在しない場合であっても、内縁の夫の生前に遺言書を作成してもらうか又は死因贈与契約を締結しておく方が良いと思われます。

 なお、遺族年金については、法律婚より事実婚が重要視されていますので、内縁の妻も年金を受給することができます。

事例一覧に戻る

無料相談のご予約

大阪府大阪市中央区石町1-1-1
天満橋千代田ビル2号館7階

06-6966-6161 受付時間:平日9:00~17:00

ご予約はこちら

ページ上部へ移動

天満橋司法書士・行政書士事務所【大阪市】

大阪府大阪市中央区石町1丁目1-1
天満橋千代田ビル2号館7階

相続・遺言無料相談受付中(平日9:00~17:00)TEL:06-6966-6161 FAX:06-6966-6162

メールでの無料相談

Copyright © 2011 天満橋司法書士・行政書士事務所【大阪市】.All Rights Reserved.