相続・遺言.com

天満橋司法書士・行政書士事務所【大阪市】運営
~相続・遺言、遺産分割、事業承継専門サイト~

相談無料!お気軽にご相談ください。

相談事例

事例詳細のご紹介

〔特別受益〕被相続人から生前に多額の財産の贈与を受けた相続人がいる場合

父が死亡し、相続人は兄と私の二人だけです。先日、兄より父の遺産を半分ずつ公平に分割しようとの申し入れがありましたが、兄は父の生前に、住宅購入資金として、金1,000万円を父から贈与を受けています。遺産分割に際し、このような事情は考慮されないのでしょうか?

 父母を同一とする兄弟の法定相続分は均等ですが、相続人の中に、被相続人から、遺贈や、婚姻又は養子縁組のためもしくは生計の資本として贈与(特別受益)を受けた相続人がいる場合には、被相続人が相続開始時に有していた財産の価額にそれら特別受益の価額を加えたものを相続財産とみなし、特別受益を受けた相続人の相続分から特別受益の価額を控除した残額をその者の具体的相続分として修正されます。

 例えば、お父様の相続開始時の相続財産の価額を3,000万円とすると、これに特別受益の価額1,000万円を加えた4,000万円をみなし相続財産とし、これに法定相続割合を乗じると、お兄様とあなたの相続分は各々2,000万円となり、お兄様の相続分から特別受益の価額を控除した残額がお兄様の具体的相続分となりす。すなわち、お兄様が1,000万円、あなたが2,000万円となります。

 但し、実際は、このような単純な話ではなく、どのような贈与が特別受益に当たるか、また特別受益の価額は贈与時ではなく相続開始時で評価しますので、具体的に特別受益の価額をいくらとして算定するかなど、複雑な問題を孕んでいます。

 なお、被相続人は、相続人に対して行った贈与などを相続財産に加算することに反対の意思表示をしていた場合には、遺留分を侵害しない限り、その意思表示に従うことになります。これを持戻し免除といいます。

事例一覧に戻る

無料相談のご予約

大阪府大阪市中央区石町1-1-1
天満橋千代田ビル2号館7階

06-6966-6161 受付時間:平日9:00~17:00

ご予約はこちら

ページ上部へ移動

天満橋司法書士・行政書士事務所【大阪市】

大阪府大阪市中央区石町1丁目1-1
天満橋千代田ビル2号館7階

相続・遺言無料相談受付中(平日9:00~17:00)TEL:06-6966-6161 FAX:06-6966-6162

メールでの無料相談

Copyright © 2011 天満橋司法書士・行政書士事務所【大阪市】.All Rights Reserved.