相続・遺言.com

天満橋司法書士・行政書士事務所【大阪市】運営
~相続・遺言、遺産分割、事業承継専門サイト~

相談無料!お気軽にご相談ください。

相談事例

事例詳細のご紹介

〔寄与分〕被相続人の財産の増加に寄与した相続人がある場合

父が亡くなり、相続人は私と弟、妹の3人だけで、先日、兄弟で遺産分割について話し合ったところ、弟たちは遺産を三等分するよう要求していますが、父は、亡くなるまでの3年間ほぼ寝たきりの状態で、私が仕事を辞めて父の介護をしていました。そのような状態でも、兄妹三人で遺産を均等に分けなければならないのでしょうか?

 民法は、同順位の相続人の相続分は均等とする法定均分相続制度を採用しており、3人の子供が相続人の場合、原則として、それぞれ3分の1ずつ相続することになります。

 しかしながら、法定均分相続制度のもとでは、被相続人の生計維持や療養看護に努めた相続人にとっては不満が生じ、他の相続人との間で不公平が生じる結果となってしまいます。そこで、民法は、相続人が被相続人の相続財産の維持又は増加に寄与(貢献)した場合には、その寄与の程度に応じて各相続人の具体的相続分を修正するよう規定しています。これを寄与分といいます。

 相続人の中に、被相続人の相続財産の維持又は増加に寄与した者がいるときは、共同相続人の協議で寄与した相続人の寄与分を定めることになりますが、共同相続人で協議が成立しないときは、家庭裁判所が、寄与した者の請求により、寄与の時期、方法、程度、相続財産の額その他一切の事情を考慮して寄与分を定めることになります。 そして、家庭裁判所において寄与が認められるには、夫婦や親子、兄弟姉妹間における親族間の扶養義務の範囲にとどまるような通常の程度では足りず、通常期待される程度を超える特別の寄与でなければならず、さらに特別の寄与によって、被相続人の相続財産の維持又は増加が認められなければなりません。

 以上から、あなたが他の相続人に対して寄与分を主張することは可能かと思われますが、他の相続人があなた寄与分を認めなければ、家庭裁判所に対して寄与分を定める審判を申立を行う必要があり、審判において寄与分が認められるかどうかは寄与の時期、方法、程度、相続財産の額その他一切の事情によるところとなりますので、老親の療養看護に努めたからといって簡単に寄与分が認められると考えるのは早計かと思われます。

事例一覧に戻る

無料相談のご予約

大阪府大阪市中央区石町1-1-1
天満橋千代田ビル2号館7階

06-6966-6161 受付時間:平日9:00~17:00

ご予約はこちら

ページ上部へ移動

天満橋司法書士・行政書士事務所【大阪市】

大阪府大阪市中央区石町1丁目1-1
天満橋千代田ビル2号館7階

相続・遺言無料相談受付中(平日9:00~17:00)TEL:06-6966-6161 FAX:06-6966-6162

メールでの無料相談

Copyright © 2011 天満橋司法書士・行政書士事務所【大阪市】.All Rights Reserved.