相続・遺言.com

天満橋司法書士・行政書士事務所【大阪市】運営
~相続・遺言、遺産分割、事業承継専門サイト~

相談無料!お気軽にご相談ください。

相談事例

事例詳細のご紹介

〔遺言〕遺言書を見つけた場合

父が亡くなり、四十九日の法要も済ませて、遺品を整理したところ、父の遺言書らしきものが見つかりましたが、どうしたらいいのでしょうか?

 公正証書遺言以外の遺言書の保管を託された者はや遺言書を発見した相続人は、相続開始後遅滞なく、家庭裁判所に提出して検認の請求をしなければなりません。検認とは、共同相続人に遺言書の存在と内容を知らせるとともに、家庭裁判所が遺言書の形状、加除訂正の状態、日付、署名など遺言書の方式に関する事実を確認することで、遺言書の偽造又は変造を防止し、遺言書を確実に保存することを目的とした手続で、遺言の有効・無効を判断する手続ではありません。この検認を怠っても遺言が無効となるわけではありませんが、5万円以下の過料に処される可能性がありますので注意が必要です。

 また、封印のある遺言書は、家庭裁判所で他の共同相続人又はその代理人の立会いのもとで開封しなければならず、これに反し勝手に開封した者は過料に処せられたり、遺言書が無効となる可能性もありますので決して開封してはいけません。なお、この封印のある遺言書とは、文字通り封に押印のある遺言書のことで、単に封筒に封入されているだけで、押印のない遺言書は含まれませんので、封印のない遺言書を開封し、遺言書を内容を確認しても違法ではありませんが、後日のトラブルの元となる可能性がありますので、開封するべきではないと考えます。

 検認は、遺言者の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に対して申立てる必要があり、申立には、申立書の外、遺言書や遺言者の出生時から死亡時までのすべての戸籍等の添付書類、収入印紙、郵便切手等を提出する必要があります。詳しくは、裁判所のホームページに記載されていますので、参考にしてください。また、各家庭裁判所で、若干添付書類等が異なりますので、事前に管轄の家庭裁判所にお問合せのうえ、ご確認ください。

 http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_kazi/kazi_06_17/

 ところで、遺言は遺言者の最後の遺志でもあり、その遺志は可能な限り尊重されなければなりませんので、ノートの切れ端に殴り書きのように書かれたものであっても、法の定める形式的要件を満たす限り、有効な遺言書として扱われ、また遺言書キットやエンディングノートのような法の定める形式的要件を満たしていないような遺言書であっても、家庭裁判所は検認の申立を受理する可能性がありますので、遺言書らしきものを発見したときは、封印がなくても決して開封せず、司法書士や行政書士等の専門家に相談するか、家庭裁判所に対して検認の申立を行うことを強くお勧めします。

事例一覧に戻る

無料相談のご予約

大阪府大阪市中央区石町1-1-1
天満橋千代田ビル2号館7階

06-6966-6161 受付時間:平日9:00~17:00

ご予約はこちら

ページ上部へ移動

天満橋司法書士・行政書士事務所【大阪市】

大阪府大阪市中央区石町1丁目1-1
天満橋千代田ビル2号館7階

相続・遺言無料相談受付中(平日9:00~17:00)TEL:06-6966-6161 FAX:06-6966-6162

メールでの無料相談

Copyright © 2011 天満橋司法書士・行政書士事務所【大阪市】.All Rights Reserved.