相続・遺言.com

天満橋司法書士・行政書士事務所【大阪市】運営
~相続・遺言、遺産分割、事業承継専門サイト~

相談無料!お気軽にご相談ください。

相談事例

事例詳細のご紹介

〔遺産分割〕不動産を遺産分割する場合

父が亡くなり、相続人は私たち兄妹三人ですが、唯一の相続財産である父名義の自宅不動産について、どのような遺産分割方法が考えられますか?

 遺産分割の方法としては、次の4通りの方法が考えられます。

 まず一つ目の遺産分割方法は現物分割という方法ですが、これは、相続財産を相続人がそれぞれ単独で相続する方法で、例えば、土地を長男が、建物を次男がといった不動産ごとに相続したり、土地を分筆してそれぞれが単独で相続するような場合です。この場合、土地と建物で所有者が異なることで権利関係が複雑になったり、分筆により土地が小さく区分されることによって、土地の利用価値が下がったり、接道義務を果たせなくなったりして、財産的価値を毀損する虞があります。

 次に、二つ目は代償分割という方法ですが、これは、相続人の内の1人が、相続財産である不動産を単独で相続し、その代わり相続財産を取得しなかった他の相続人に対して、相続分に応じた金銭(代償金)を支払う方法で、権利関係は簡潔ですが、代償金の額の算定の前提として不動産の評価について相続人間で合意しなければならず、また、不動産を取得する相続人に代償金を支払う金銭的余裕がなければなりません。もっとも、他の相続人が納得さえすれば、代償金の減額や分割払いも可能ですが、支払を滞らないよう注意する必要があります。
 
 そして、三つ目は換価分割という方法で、これは、相続財産である不動産を売却して金銭に換価し、売却代金を相続人が相続分に応じて取得する方法です。この方法なら、不動産の評価について問題となることはなく、後々の紛争も回避することができますが、相続財産である不動産に相続人が居住しているような場合には、当該相続人の合意を得ることが困難な場合も少なくありません。

 最後に、これまでの3つの方法がいずれも困難な場合に、苦肉の策として相続人の共有とする分割方法です。例えば、現物分割ができず、代償金も用意できず、相続財産に相続人のうちの1人が居住していて換価分割も困難な場合、建物を居住している相続人が相続し、土地を残りの2人で共有とするような分割方法です。この方法は、あくまでも、苦肉の策で相続問題を先送りにしたに過ぎず、あまりお勧めできる方法ではないかもしれません。

 いずれの方法も、一長一短で、それぞれの相続における諸事情により採用できる方法も異なりますので、それぞれの相続事案に応じた遺産分割方法を検討することが重要かと思われます。

事例一覧に戻る

無料相談のご予約

大阪府大阪市中央区石町1-1-1
天満橋千代田ビル2号館7階

06-6966-6161 受付時間:平日9:00~17:00

ご予約はこちら

ページ上部へ移動

天満橋司法書士・行政書士事務所【大阪市】

大阪府大阪市中央区石町1丁目1-1
天満橋千代田ビル2号館7階

相続・遺言無料相談受付中(平日9:00~17:00)TEL:06-6966-6161 FAX:06-6966-6162

メールでの無料相談

Copyright © 2011 天満橋司法書士・行政書士事務所【大阪市】.All Rights Reserved.