相続・遺言.com

天満橋司法書士・行政書士事務所【大阪市】運営
~相続・遺言、遺産分割、事業承継専門サイト~

相談無料!お気軽にご相談ください。

相談事例

事例詳細のご紹介

〔その他相続〕相続人の中に二重資格者がいる場合

父は相続税対策のため、生前に兄の子二人と養子縁組をしていました。先日、父が亡くなりましたが、父が亡くなる5年前に兄が既に他界しており、相続人は、私と亡き兄の子二人の3名です。この場合、私の相続分はどのようになるのでしょうか?

 ご相談の事案においては、亡きお兄様のお子様が、被相続人の養子としての相続資格と代襲相続人としての相続資格の二つの相続資格を有しており、このように、養子縁組や婚姻などによって、被相続人に対して、同一人物が複数の相続可能な身分関係に立つことがあります。このような場合において、相続資格の重複を認めるか否かについては争いがあるようです。

 まず、父母の実子である甲と養子である乙とが婚姻し、甲が、父母の死亡後、子がいないまま死亡した事案において、乙は配偶者としての相続資格と兄弟姉妹としての相続資格を有しており、この場合において、戸籍先例では、配偶者としての相続資格しか認めていません。一方、ご相談の事案と同様の事案において、戸籍先例は、養子としての相続資格と代襲相続人としての相続資格の重複を認めています。

 先例からは、詳しくは分かりませんが、なぜ両者を区別する必要がるのか、正直なところ分かりません。なお、相続資格の重複について判断した裁判例は見当たりませんが、学説では、相続資格の重複を認める立場が有力なようです。

 以上のとおり、戸籍先例に従えば、ご相談の事案においては、相続資格の重複が認められるものと考えられますので、ご相談者様の相続分は8分の2(4分の1)となり、お兄様のお子様お二人は、各自、養子としての相続分8分の2(4分の1)と代襲相続人としての相続分8分の1の合計8分の3となります。

事例一覧に戻る

無料相談のご予約

大阪府大阪市中央区石町1-1-1
天満橋千代田ビル2号館7階

06-6966-6161 受付時間:平日9:00~17:00

ご予約はこちら

ページ上部へ移動

天満橋司法書士・行政書士事務所【大阪市】

大阪府大阪市中央区石町1丁目1-1
天満橋千代田ビル2号館7階

相続・遺言無料相談受付中(平日9:00~17:00)TEL:06-6966-6161 FAX:06-6966-6162

メールでの無料相談

Copyright © 2011 天満橋司法書士・行政書士事務所【大阪市】.All Rights Reserved.